他社に仲介依頼した仙台市の物件

他社に仲介で出している仙台市内の物件でも、専任媒介契約でなければ問題はありません。

その辺の事情を含めお話ししておきましょう。

■買取でも、“いまが売り時”の仙台市物件。

今回の仙台市の事例のように、他社に仲介を依頼していてなかなか買主が付かないので不動産買取に切り替えるということは良くあります。

仙台市内の不動産物件は不動産買取しても引き合いが多いので、問題なく引き受けてくれるでしょう。

別に乗り換えることはルール違反でも契約違反でもありません。

ただしその仙台市内の物件ですが、仲介会社とのあいだで「専任媒介契約」を結ばれているのであれば、仲介手数料を支払って契約破棄することになります。

■専任媒介の破棄には正当な理由が必要。

専任媒介契約を破棄するには正当な理由があるか、期限切れになるか、依頼主が仲介手数料を支払って破棄するかの3択になります。

破棄する理由がなく、期限切れまで待てないのであれば手数料を支払うしかありません。

契約時に「××月××日までに売却を完了したい」という条件をつけ、その期間が過ぎていたら正当な理由になります。

■仙台市内でも仲介から不動産買取に切り替える売主が増えています。

この時期なら良い条件で売却に応じてくれるでしょう。

仙台市内の物件は高値売却が可能なので、不動産買取に切り替えたほうが手っ取り早いと踏んでいるオーナーさんが多いようです。

一般媒介契約で売り出しているなら何の問題もないので実行してください。