奥が深いひざサポートコラーゲン研究

「ひざサポートコラーゲン」は、発売以来大ヒットした商品です。コラーゲンは全身にありますが、特にひざの関節には不可欠な物質です。

ひざサポートコラーゲン、効き目の実感は?

ひざサポートコラーゲンは粉末だけれど効くのか?といった声を良く聞きます。

形状やサプリメントの効果について考えてみましょう。

■もっとも吸収されやすい低分子構造や粉末形態。

ひざサポートコラーゲンの広告を見ると「低分子構造」と表記されています。

低分子構造とは吸収力が非常に強く、商品名でもある膝関節にも効きやすい状態にあります。

また粉末なので何にでも入れることができ、年齢に関係なく摂取できるように工夫されています。

吸収力も高いです。

錠剤やカプセルの形状には、薬ごとの効き方を計算して、ほどよいタイミングで溶け出すようにとの意図があります。

粉末状は数ある形態の中でも吸収力や発現性(薬効が現れるまで)に富んだものです。

■医薬品ではない“即効性のない製品”がサプリメント。

ただし発現性などと言ってもひざサポートコラーゲンは医薬品ではないので、即効性はなく効き目を断言することもできません。

薬事法でそのように決められています。

ひざサポートコラーゲンはサプリメントの一種、栄養補助食品なので、効く・効かないといったレベルを公の場で論じることはできません。

※まとめ見出し

■ひざサポートコラーゲンは、膝関節の痛みや不自由を改善する程度のモノ。

医薬品に寄せるような過剰な期待は良くありません。

錠剤やカプセルのほうが薬らしくて効く感じがするというのは、単なる錯覚や思い込みのレベルです。

またひざサポートコラーゲンのような健康食品類は、「継続することで痛みや膝の曲げ伸ばし時の不自由が改善される」という程度のものです。

過剰な期待は良くありません。

Comments are currently closed.